« トーハン週報08年9/5号 | トップページ | 無念 »

2008年8月31日 (日)

空の境界五章を見てきたのだけども

ザッピングしすぎてて今まで以上に一見様お断り(笑)

繰り返しを多用することで螺旋をイメージしたかったんだろーが、ぐちゃぐちゃしすぎてて原作読んでなければもう理解できないと思うのだがどうだろう(笑)

まー、しつこくやりまくったからこそ最後ルッツ戦とアラヤ戦の平行がはえるんだろーが、あの半分でいいよなぁ

普通に作ってれば十分おもしろかっただろうになーとか、もう少し間をおいてほしいなーとか、ルッツが魔術師どころかただの怨恨親父化してるとか、式から両儀式に切り替わったはずのシーンでアラヤに反応がないとかちょっと不満たらたら

いや、ロケットペンシルはさすがにちゃんと書いてあったのでいいけど(笑)

前に座ってた人の「よし、耐えた」というのが素直な感想だったろうなぁ

 

 

あと、覚悟はしていたけど次回予告があまりにも別世界で吹き出しそうになった(笑)

|

« トーハン週報08年9/5号 | トップページ | 無念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230139/23388984

この記事へのトラックバック一覧です: 空の境界五章を見てきたのだけども:

« トーハン週報08年9/5号 | トップページ | 無念 »