« さて、できることはなんだろうか | トップページ | トーハン、新刊運送遅延のお知らせ »

2011年3月15日 (火)

ナニハトモアレ

仙谷じゃなくてよかったなぁ、と
枝野、少しは寝ておけよー

  • 集英社 りぼんマスコットコミックス

ひよ恋(4) サラすぱ!(2) REC 花に嵐 -新説・曽根崎心中- グッドモーニング・キス(7) プライベート タイムズ(1)(2) 吐息と稲妻

MIT研究者Dr. Josef Oehmenによる福島第一原発事故解説

炉心溶融が進む最悪のシナリオを通ったとしても、環境中への影響は極めて限定的に封じ込められることに留意して欲しい。40年前に建築された原子力発電所が、想定基準値をはるかに超えるM9.0という地震に遭遇し、その中で機能不全に陥りながらも最後の一線を超えないように現場の方々の不眠不休の努力が続けられている。そんな中で、根拠なく不安を煽り立てるような言説を流すことは、彼らへの冒涜であるばかりか、無用な社会混乱を引き起こし、不測の事態を誘発しかねない。正しい情報を正しく理解して、必要な行動をとるようにしたい。

 

頑張りましょ

|

« さて、できることはなんだろうか | トップページ | トーハン、新刊運送遅延のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230139/39228805

この記事へのトラックバック一覧です: ナニハトモアレ:

« さて、できることはなんだろうか | トップページ | トーハン、新刊運送遅延のお知らせ »